帝京八王子高校ラグビー部

2016年度卒業生

三年間ありがとうございました   主将CTB「ひろと」

送別会をもって正式に帝京八王子高校ラグビー部を引退となりました。
練習は厳しいし、つらいことも沢山ありました。
ですが、練習後には達成感を必ず感じられ全力で物事をやることの楽しさを知ることができました。また、プレイヤーとしての成長はもちろんですが、人としても成長することができました。
このような経験をすることができたのは先生の指導、帝京八王子高校ラグビー部という環境だったからこそだと思います。
この三年間の帝京八王子高校ラグビー部での経験は一生忘れません。

自分たちの代はいい結果を残すことができませんでした。
そんな中、ついてきてくれた二年生、一年生、本当にありがとう。
また、常に応援をくださった保護者のみなさま、ありがとうございました。
二年生、一年生には能力、知識の高い人がたくさんいるので少しでもいい結果が残せるように頑張ってください!

三年間本当にありがとうございました。
困難な場面を常に体を張って切り開いてくれた主将「ひろと」。ありがとう!
(初代)(三代目)(二代目)主将 勢ぞろい!
頼れる主将「ひろと」。想いは「うた」に受け継がれる。お疲れさまでした!

最高の仲間   副将FL「ほくと」

引退試合を終え、三年間を振り返ってみて、嬉しいとき、悲しいとき、つらいときなど、そのすべてに共に戦った仲間たちがいました。それは同じ三年生でもあり去年引退した先輩達でもあり後輩達でもあります。その仲間がいたからこそ自分は三年間を楽しく充実したものにできたと思います。もちろん毎朝弁当を作ってくれた母や、試合や遠征の時に送迎してくれた父、そして自分たちにラグビーや、ラグビーだけでなく人として大事なことを教えてくれた先生。これらの支えなくしてできたものではありません。
しかし、それ以上に自分にとってなくてはならなかったものこそが仲間だったのです。とても頼りになった先輩。ちょっと生意気だったけど最後まで自分たちについてきてくれた後輩。そして三年間、ほとんど毎日どんな時も一緒にいた三年生。これこそが三年間で自分が手に入れた最高の宝物です。この大好きな仲間との思い出を胸に次のステージでも頑張っていきたいと思います。
楽しくて、悲しくて、つらくて、面白くて、笑って、泣いて、喜んで、悔しんで、助けて、助けられて、最高の仲間と過ごした最高の三年間でした。
この三年間、自分を支えてくれたすべての人に感謝します。
ありがとうございました!
熱く、誰よりも体を張り続けた「ほくと」。ありがとう!
まさに狂犬。この日も大暴れでした。
次のステージでも頑張れよ!お疲れさまでした!

三年間の思い出   PR「にじと」

自分がこの帝京八王子高校ラグビー部に三年間お世話になり、長いようで短い三年間だったと思います。本当にあっという間の三年間でした。
その三年間は学校の授業では教えられないような様々なことを学ぶことができ大変充実していました。たくさん楽しいこともありましたがそれ以上につらいことも多くありました。ですが、ラグビー部に入部し身体的、精神的に成長することができたと思います。三年間のつらいことの中には、夏などの暑い時期のつらい練習もあったりしますが、やはり自分はケガに悩まされることが多かったように感じます。ときには歯が折れることもあり、ときには腰の痛みに動けなくなったりと、どうしようもないようなこともありました。ですが、そんな中やはりチームのみんなが助けてくれました。同じ三年の八人、後輩やマネージャー四人、先生に支えてもらいながらなんとか三年間ラグビーをやってこれたという気がします。本当にチームのみんなには「感謝」という言葉しかありません。自分にとって帝京八王子高校ラグビー部での三年間の時間はみんなとラグビーをできた貴重な時間です。忘れられない思い出もいっぱいできて最高にいいチームだったと思います。三年間を通し改めてこの帝京八王子高校ラグビー部に入り、先生の下でラグビーができて良かったと思います。
チーム一の巨体でチーム一の優しい男。ありがとう!
「にじと」&「ひで」。FWの核となる二人!
みんなから愛された兄貴「にじと」。ほんとに寂しくなります。お疲れさまでした!

ラグビー部での三年間   HO「かいと」

先日、三年間の高校ラグビー生活を無事に終えることができました。二期生として入部し、ラグビー部の歴史の一つを刻めたことをとても幸せに思います。
 毎日楽しいことばかりではなく、つらいことも沢山ありましたが最高の仲間たちと乗り越えることができ、その一つ一つが自分にとってとても大きな経験になりました。入部から卒部するまで多々迷惑をお掛けしましたが一期生、二期生、三期生、四期生の仲間とラグビーができて本当に良かったです。春からはまた、新たなステージでラグビーを続けますが帝京八王子高校ラグビー部で学んだ努力することの大切さを肝に銘じ練習に励みます。三年間支えてくれた保護者の方々、先生、本当にありがとうございました。
スクラム、ラインアウトとセットプレーの中心はいつも「かいと」。努力の分だけ成長をしてくれました。
大きな体は三年間の努力の証!
いつも明るく話題豊富なチーム一のお喋りさん。次のステージもがんばれ!お疲れさまでした!

感謝   LO「ひで」

あっという間に帝京八王子高校ラグビー部での三年間が終わりました。
振り返れば、自分たちの三年間は恵まれたものでした。
それはまず去年卒業した一期生とは違い、自分たちが入部したころには何もなかったわけでなく、すでに道具も伝統もできていたからです。そのため、入部してから自分たちで考えて作ったものはチームTシャツくらいでほとんど練習に打ち込むことができたと思います。
それから、頼もしいマネージャーが4人もいたことです。彼女たちがいなければ、普段の練習でボトルやテーピングの準備など自分たちの負担はとても大きくなり、もしかしたら練習時間もバスに間に合うギリギリまで出来なかったかもしれません。
それと、楽しい企画や昨日の送別会など自分たちの息抜きの時間を作ってくださり、試合のときはどこにでも応援に駆けつけ、ともに戦ってくださったご父兄の方々の存在があってこそです。
一チーム十五人でやるスポーツなのに八人しかいない自分たちの残り半分をうめて、最後まで一緒に戦ってくれた一、二年生たち。HB団を務めてくれた「うた」「じゅんぺい」、FWのモールの最前列でいくつものトライのきっかけを作り出してくれた「けいすけ」「ひびき」を始め、多くの頼れる後輩がいてくれたことは自分たちの誇りであり大きな支えでした。
最後に声を出すこと以外に取柄のなかった自分に声を掛けチームに受け入れてくださった先生。最高の三年間をありがとうございました!
これまで多くの人たちの支えがあったことと、その人たちへの感謝の気持ちを忘れず、これからの大学での四年間は更なる飛躍を目指して頑張ります!
どんなときも明るく、声でチームを引っ張り続けた「ひで」。ありがとう!
「ひで」&「ひじと」。この二人の勇姿がもう見れないなんて悲しい・・。
今日も明日も明るい「ひで」。お疲れさまでした!

三年間の想い   FL「やす」

自分は高校からラグビーを始めました。最初は軽い感じで入部しました。一年生の時はすごい練習がきつかったというのを覚えています。二年生になり後輩も入ってきてAチーム、Bチームと分かれました。Bチームになって自分は一年のときからしっかりと練習をしておけばよかったと後悔しました。一期生の最後の大会にも出れなくて本当に悔しかったです。それから自分がチームで活躍するにはどうすればいいのかと思い、ウィングからフランカーへとポジションを変更しました。
もともとスタミナには自信のないは方だったためフランカーというポジションは大変ですが、すごい充実していました。
三年生の最後の大会で成蹊高校に負けたとき努力の足りなさを実感しました。
先生と荒川コーチ、そして一期生には指導していただき本当にありがとうございます。
三期生、四期生はこれからも帝京八王子ラグビー部として頑張ってください。
マネージャー、いつもサポートをしてくれてありがとう。
三年間楽しかったです。ありがとうございました。
ハードタックルを連発する「やす」。両フランカーはチームの自慢でした!ありがとう!
「やす」&「ほくと」。この二人のタックルがどれだけのピンチを救ってくれたことか。
高校から始めたラグビーを、これからも続けると決めた「やす」。こんなに嬉しいことはない!お疲れさまでした!

三年間を振り返って   WTB「ギャビ―」

高校三年間の中でつらかったことがたくさんあります。
入学して最初のころは練習についていくのが精一杯でした。特に300m走と坂道ダッシュがつらかったです。夏休みでは坂道ダッシュがたくさんあり、終わったあとには昼ご飯が食べれないほどに疲れ切っていました。体重を増やすために、たくさんご飯を食べることが自分にとってつらかったです。
二年生に上がるときの新人戦では始めてスタメンに入れました。その試合で高校生になって始めてトライを取りました。トライを取ることができてとても嬉しかったです。
二年生になりやっと三学年がそろいました。それに伴いスタメン争いも激しくなりました。そして秋の大会ではスタメンで出場することができました。でも、大会の中で特に何もできなかったので悔しかったです。三年の新人戦ではその逆に自分の実力を出すことができたと思います。春季大会ではラグビー部初の二回戦突破をすることができました。
高校最後の夏合宿の最終日では試合内容が良くなく、先生の雷が落ちました。高校最後の大会ではディフェンスで頑張ることができたと思います。結果は初戦で敗退となってしまい高校三年間で一番悔しい気持ちでいっぱいでした。

自分は先生、チームメイトと共にラグビーをすることができてとても良かったです。
180cmの長身とスピードでチームのエースにまで成長した「ギャビ―」。ありがとう!
エースとしてこの一年間トライを挙げ続けた。
普段は控えめで内気な「ギャビ―」。お疲れさまでした!

高校三年間   WTB「けいと」

「継続は力なり」
この言葉を胸に過ごした三年間でした。

ぼくは二年生の花園予選でメンバーに入ることができませんでした。
グラウンドでは仲間が戦っています。
そんな時に外からビデオを撮っている自分が情けなく、三年間で一番悔しい思いをした時でした。そして「来年こそはグラウンドに立ち、プレーをしよう」そう目標を立てた時でもあります。
それからの一年間、試合に出れなかったり、失敗したりと上手くいかず、くじけそうになったこともありましたが「継続は力なり」この言葉を思い出し、目標に向けて頑張り続けました。
そして向かえた最後の花園予選。そこでジャージをもらいプレーができ、ラグビーを続けてこれて本当に良かったと思いました。
また、ラグビーを続けてこれたことが当たり前のことではないと引退してから、より深く感じるようになりました。父に母、ラグビー部の仲間、先生、多くの人に支えられてラグビーを続けてこれました。感謝の心を忘れてはいけないことに気づけました。
タックルへの嗅覚はチーム一。まさにドンピシャのタックルは「けいと」の見せ場。何度もチームは勇気づけられた。
試合前のトライ宣言はどこへ?ノートライに終わってしまい残念!
妖精「けいと」。みんな大好きです!お疲れさまでした!

最高に充実した三年間   MG「あず」

ラグビー部で過ごしてきた三年間はとても内容の濃い毎日で、でもあっという間に感じました。もしかすると家族より一緒にいた時間が長かったのかも知れません(笑)
私はマネージャーという、先の見えない仕事を人生で初めて挑戦しました。つらいのも、忙しいのも覚悟のうえで・・・。でも、いざとなるととても大変で毎日考えさせられて、くじけそうな時もたくさんありました。初代マネージャーと言えるほど自分は役に立っているのかと不安になって逃げだしたいときも沢山ありました。自分の心の中にある葛藤と戦っているときに励ましの声を掛けてくれたのが今の同学年の八人です。私に気を遣い、メールや直接声を掛けてくれたり・・今でも私にくれた優しさは忘れません。かけがえのないこの八人と出会えたことが、私の中ではとても大きかったです。そして一緒に仕事をこなしてくれた「りお」「ほのか」「まゆ」の三人の存在が大きかったからこそ部活を続けられたと思っています。
そして、何度も相談にのってくださいました先生。たくさん迷惑もかけてしまいましたが、先生のおかげで精神的にも成長できました。
まだまだたくさん書きたいことがありますが・・顧問の先生方、部員のみんな、保護者の方々、帝京八王子ラグビー部に出会えて良かったです。感謝しきれないくらい、ありがとうの気持ちでいっぱいです。三年間ありがとうございました!これからも変わらずに帝京八王子ラグビー部を応援していきたいです!
後輩マネージャーたちは「あず」の背中を追いかけます!ありがとう!
とうとう試合に出ちゃいました。70m独走の逆転トライも決めました!
感謝でいっぱいです!お疲れさまでした!

帝京八王子高校ラグビー部HPへようこそ!
このHPでは活動予定、試合結果、チーム紹介などを載せております。

逃げるな、サボるな、戦え。
日々練習に励むひたむきな選手たちに多くのご声援をお願いします。


※このサイトはラグビー部父母会による運営サイトです。
学校公式ではありませんのでご了承ください。

ABOUT

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
PAGE TOP