帝京八王子高校ラグビー部

2019送別試合&送別会

2019年度 送別試合①

2019年2月16日(日)
帝京八王子高校ラグビー部 五期生送別試合&送別会が行われました。

薄暗い空。
いまにも雨が降りそうな空。

・・・ではなく。

まさに雨上がりの空。午前中降り続いた雨も集合時間に合わせてきっちり降り終えてくれたようで、これから始まる最後の試合に全く問題はない。
ここは帝京大学ラグビー場。今日、帝京八王子高校ラグビー部第五期生が卒部を迎える。

12:30の集合に合わせ一人、また一人と集まり始める卒業生OB/OGたち。
現役生との別れを惜しむとともに、全卒業生たちが年に一度、久しぶりの再会を果たす日でもあるのだ。会ったことのないOBたちにいささか緊張する現役生たち。
どうした。今日の主役は君たちだ。笑

ベンチでは保護者のみなさまが心のこもった温かい、そして文字通り温かいおもてなしでコーヒーなど体の温まる飲料を配ってくださっていた(ありがとうございます!)。

さて、雨上がりの低い気温で冷えた体を温めるため、まずは全世代交流を兼ねたタッチフット大会。10分もすればすでに息の上がっているOB多数。つい最近まで大学で現役として活躍していた者とにハッキリと分かれ始める。笑
だが、その顔はみな笑顔だ。久しぶりの仲間との再会とラグビーを楽しんでいる。

さあ、そろそろOBたちの体力は尽きてきたようだ。
最後の試合を始めるとしようか。笑
OBたちはみんな体が大きい! 現役生たちよ、もっと食べなきゃ!
この日は1~4期生まで多くの先輩たちが集まってくれました。
3期生「りお」&「ほのか」。久しぶりの水ボトル。こんな重いのもう持てない!だそうです笑
3年生最後の「赤」!

送別試合②

15:00のキックオフ。(Red現役生 vs Blue卒業生) 20分×2

マイボールからのキックオフを選択し、攻める気満々のOBチーム。
後輩を立てる気などさらさらないらしい。

高く蹴り上げられたボールをいきなりのコミュニケーションミスでクリーンキャッチできなかった現役生。OBを相手に緊張をしているのか、それとも送別試合だからと公式戦のような集中力を欠いた状態なのか。いずれにせよ悪いクセ。ミスから試合を始めてしまう。

OBたちの強みは明らかに現役生よりも一回り、いや、人によっては二回りも大きい体を活かした接点での圧力だ。逆に弱みは体力面か。前述したような状態でタックルにいこうものなら簡単にはじき返されるだろう。

予感は的中。
OBたちの圧力にふわりとした接点で簡単に突破される現役生。久しぶりのラグビーでボールが手に着かないOBたちもおり、そういったミスによってなんとか難を逃れている展開だ。

しかし、パワーで劣る現役生といっても3年生を一括りにはできない。OBたちの強烈なパワーを前にしても互角に戦うことができる者もいる。この3年間で誰よりも成長をみせた№8「かんじ」だ。ひとたびボールを持てばOB相手に強烈な当たりで陣地を確実に前進させる。そのパワーは試合後に”あの№8の3年生、大学どこでやるんですか?あいつ、めちゃくちゃ強いですよ笑”と質問があったほどだ。
そんな3年生に引っ張られ徐々に接点での攻防もハードなものとなってくる。

前半3分。グラウンド中央での攻防。左から右へと展開するOBチーム。現役生の必死のタックルに思わずボールを落とす。そのボールにこの日、好調な動きを見せる1年生CTB「けいすけ」。すかさず拾い上げすれ違いざまにOBを置き去りに密集から走り抜ける。追いかけるOBたちとともにフォローへと駆け上がる新主将SO「さだお」。絶妙なタイミングでのパスを受け取るとそのまま右中間へ先制のトライ。(Red 5-0 Blue)

このプレーにもまだまだ余裕をみせるOBたち。
再開のキックオフをまたしても連係ミスでキャッチできない現役生チーム。
ボールを取り返したOBチームは22m付近スクラムから連続攻撃。最後は左へ展開しタッチラインいっぱいの左端で3人を引きずったまま飛び込みトライ。わずか3分で同点に追いつく(Red 5-5 Blue)

ここから1年生たちも激しいプレーでOBたちを苦しめ、一進一退の攻防。
決定的な場面をお互いむかえられずに前半終了。
後半戦へと勝負を預ける。

前半終了  Red 5-5 Blue
1期生初代主将に強烈なハンドオフを繰り出す№8「かんじ」。
SO「さだお」のタックル!
この日はLOで出場の「しょうえい」。初めて会うOBたちばかりを相手に奮闘していた。
この日何度も鋭いランニングを見せOBを苦しめたCTB「けいすけ」。高い瞬発力でOBを置き去りにする。

送別試合③

ハーフタイム。
OBチームの弱みははっきりしている。
全員が大学で現役ではないのだ。久しぶりのラグビーで体力を大きく消耗している者も少なくない。後半は押し切りたい現役生。いや、押し切らなければならないのだ。

後半は現役生のボールから試合は始まる。
前主将「たける」の指示通り散らばり、ボールの獲得を目指す布陣。

後半1分。
OBチームの体力不足が顕著にでる時間帯まで何とか拮抗したゲーム展開に持ち込みたい現役生チーム。しかし、その思いとは裏腹に左中間22m付近でキャッチしたボールを大きく右へ展開するOBチーム。正確なパス回しで左右に揺さぶりをかけ着実に前進してくる。
6度のフェーズを重ね現役生陣地10mまでボールを運んだOBチーム。次なる7フェーズ目で一気にグラウンドの左端から右端まで大きくボールを動かした。どうしてもタックルに人数をかけざるを得ない現役生。すでに3人余りの状態を作られている。懸命に追いかけるもきっちりとボールを運ばれゴールポスト右へとトライを奪われた。(Red 5-12 Blue)

再開のキックオフ。先ほどと同じようにキャッチしたボールを右へと展開し攻撃を続けるOBチーム。しかし今度はボールが手に着かずノックオン。すかさずボールを拾い上げ攻撃へと転じる現役生。懸命に繋いだボールをグラウンド中央から一度は右へと展開しかけたSH「とらい」。しかし、とっさに左側に出来たディフェンスラインの穴に走り込む重戦車を発見。HO「よしたか」だ。小柄ではあるが「かんじ」に引けをとらないパワーと「かんじ」にはない柔軟なスキルをもつ「よしたか」。正直、このサイズ、体型の選手でここまでスキルフルな選手はそうそういない。チームでもトップレベルのハンドリングスキルに加え、接点での身のこなしがとても上手い。OBがパワーで勝ろうとも、そのパワーをうまく”いなし”ながら前進できる。
わずかなズレを一気にトップスピードで切りさき、FBまでもステップでかわす「よしたか」に応援席が沸く。そしてグラウンド中央にトライ(Red 12-12 Blue)
後半5分。再度ゲームは振り出しにもどる。
新旧主将が前半の健闘を称え合う。
大きなOBを相手に懸命にタックルするFB「あつし」!
PRとは思えないランニングをみせた「よしたか」。ゴール真下にトライ!
ボールを運ぶSH「とらい」。うまくリズムを作り出していた。

送別試合④

残り時間は15分。
そろそろOBチームの体力にも陰りが見え始め・・・”ない”!!

ここで大誤算。
体力に不安があると思われていたOBチームだが、この日集まったOBは30名を超えている。プレーできるコンディションのOBだけでも25名以上はいるだろう。
そうなのだ。メンバー交代という無限の体力回復術を持っているのを忘れていた。笑
どんどん新手を投入するOBチーム。
こうなれば地力で勝ち切るしかない!

同点からのキックオフ。いまだ安定しないキックオフの処理。簡単なミスからノックオン。22mライン上のスクラムでOBチームにボールを渡してしまう。大切なスクラム。ここで見せ場はチーム1の重量を誇る横綱「そうご」だ。腰のケガをこらえ、必死に3年間戦い続けた強力PR。簡単にボールを出させるわけにはいかない。ボールが投入されると1番PR「ゆうすけ」の側にスクラムが回る。しかし3番は動かない。不動の「そうご」がスクラムをコントロール、FL「たつき」のコースを確保するナイススクラムでOBチームの1次攻撃のリズムが崩れる。強いプレシャーでボールを落としたOBたち。自陣ではあるがここから反撃へと転ずる。
後半10分。自陣10m付近での連続攻撃からSH「とらい」と、この試合LOで出場の新副将「るか」の意表をついた見事なスイッチプレーでディフェンスラインを突破。ランニングスキルに高い能力を見せる「るか」がWTB、FBをステップで抜き去り勝ち越しのトライを中央に決める(Red 19-12 Blue)

ここまですべてのキックオフをミスしている現役チーム。次のキックオフもミスからボールを簡単に渡してしまう。そこから約5分。22m以内で防戦一方の末、左中間に力で押し切られトライを奪われる(Red 19-17 Blue)

残り時間は3分。点差は2点。なんとしても突き放したい現役生チーム。
OBが蹴ろうとしたボールを執念のチャージからボールを奪い返し、相手陣22mまであと少しの地点で攻撃を仕掛ける。こういった大事な場面で自然と、また必然とボールを受け取るのがエースたるゆえん。この試合はゲームメイクを新主将「さだお」に任せ、CTBとして攻撃に専念していた前主将「たける」。しかしこの時はSHから捌かれたボールをSOの位置で最初に受け取る。「たける」が一瞬の加速からディフェンスラインとの間合いを詰める。当然、個人が仕掛けて来るであろうこの場面。2人を引き付けたと思った瞬間、絶妙なタイミングで空いたスペースへ走り込む「さだお」へのパス。一気にOBチームのディフェンスラインを押し下げる新旧主将のコンビネーション。
そのチャンスをすかさず左へ展開。左隅に飛び込みトライ。ついに残り3分で突き放す。(Red 26-17 Blue)。

わずかな残り時間でも攻め手を緩めないOBたち。1トライを奪われ、再び2点差となりはしたがすでに時間は20分を過ぎている。
ゴールキックの後にノーサイドの笛が鳴る場面。
なぜか代わりに鳴り響く選手交代を告げる笛。
交代。「あやな」!
そうです。中学時代は選手としてバリバリに活躍をしていた秘密兵器「あやな」の投入。
投入後そうそうにボールを持つと次々に相手をかわし70mの独走トライ(※一度だけ野人のようなOBにタックルされました笑)

そしてほんとうにノーサイド。
Red 31-24 Blue

雨上がりの曇り空とは反対に、晴れやかな笑顔のもと五期生たちの時代は幕を閉じた。
強烈な当たりで突破するPR「そうご」。
走攻守揃ったエース「たける」。ここぞという場面ではいつも彼の活躍があった。
見事なランニングでチームを救ったLO「るか」。
ついに「あやな」ねーさん試合デビュー。いままでありがとう!

送別会

激しい戦いの後は送別会。
グラウンドから会場を移し、美味しい食事と楽しい思い出の時間。

例年にも増して保護者のみなさまの愛情がふんだんに感じられる会場。
乾杯の声とともに始まった食事の時間はビュッフェ形式で料理が振舞われる。

戦いの後はお腹が空くものだ。
特に「かんじ」「よしたか」の二人の前には信じられないような量のおかずと白米(カレー用なのに・・・ルーはどこ?)が置かれていた。
この二人、あとの人のことを考えて皿に盛りつけたのだろうか。
絶対、そんなの考えてない。

途中、保護者の方が作成をしてくださった五期生三年間の軌跡DVD。
入学当初まだまだ幼さの残る顔の三年生たち。一年また一年と精悍な顔つきになり体も大きくなってくる。(注:「あやな」は小さく(スリム)なりました!)

三年間の思いを振り返り、それぞれがスピーチをする姿は成長を感じさせてくれる。
たまらず目をウルウルさせるお母さんも。
さらにそれぞれがサプライズで用意した母への手紙。

ご家庭の大きな愛情と絆を受けて、それに答えた「たける」。
兄から数え、四年間たくさんの愛情を受け見守られ成長してきた「あやな」。
痛みに挫けそうなときいつも支え、理解し、大きな愛情を注がれやり遂げた「そうご」。
優しすぎる性格だからといつもお母さんは心配ばかり。そんなお母さんを気遣い、いつも笑顔を絶やさなかった「よしたか」。
中学までは問題児?さげてもらった頭の回数よりも、これからは胸を張ってもらえそうなほど成長をみせた「かんじ」。
それぞれがその想いを手紙に記し、母へと手渡す。
あらためて手紙に記すことで親の有難さ、ひたすらの無償の愛情を振り返り感じることができた時間であっただろう。その愛情を感じることができた君たちは、この先もきっと優しい人になるだろう。


気心の知れた仲間と過ごす時間は早いもの。
あっという間に最後の時間がやってくる。

保護者、部員のみんなでつくる花道を通り三年生は会場を後にする。
その背中を見送りながらいつもと同じ言葉をいう。
「さようなら」ではなく「いってらっしゃい」
それぞれの次なるステージへ。
とりあえず腹減った!
それぞれが立派なスピーチを披露しました。
3年生かーちゃん&とーちゃん’s

3年生へ

2年新主将SO「さだお」
3年生の皆さん、卒部おめでとうございます。
このチームの3年生は人柄が良く、すごく仲の良いチームでした。ですが人数が少なく、なかなか15人揃わなかったため合同チームでのスタートでした。初めは不安がいっぱいでしたが、夏合宿なども共にし一つのチームのようになり、今でも一緒に練習しています。
そして、引退試合ではようやく試合が出来る人数にもなり、ファーストジャージを着て試合をすることが出来ました。ファーストジャージを着て試合が出来たのは、それまで引っ張って支えてくれた3年生のおかげだと思います。1、2年生もそんな3年生のことを見習い、人間性の部分からもっと成長して少しでも3年生に近づこうと思います。
今までありがとうございました。大学にいっても頑張ってください。


2年新副将HO「るか」
3年生の皆さんには自分たちが入部してから3年生が卒部するまでたくさんのことを学びました。自分が困っている時にはどうしたら上手くいくのかアドバイスをくださり、ミスをして悩んでいる時には励ましてくださいました。練習の準備の時は自分たちは人数が少なく、用具を運ぶのが大変だったので手伝ってもらい、ありがとうございました。
3年生は自分たちにとって頼りになる先輩でした。試合中、チームの空気が悪い時に一番声を出して盛り上げてくださいました。
マネージャーをしてくださった、あやなさんはいつも選手のテーピングやアイシングなどのケアをしてくださり、ありがとうございます。
3年生の皆さんには本当に感謝しています。
大学でもラグビーでの活躍を期待しています。頑張ってください。
3年間、お疲れ様でした。


1年MG「みほ」
3年生の皆さん、卒部おめでとうございます。
一緒に過ごした時間は一年もなく、本当にあっという間でした。
沢山のことを教えてもらい、沢山の思い出が出来ました。
マネージャーという裏方の仕事をするのが初めてだった私は、本当に何も分からずで、あやなさんについていくので一杯一杯でした。仕事の内容を頭に入れることが出来るかや、ちゃんとサポート出来ているのかなど本当に不安なことばっかりでした。ですが、3年生の皆さんが優しく教えてくだっさたり、手伝ってくださって早くマネージャーの仕事にも慣れることができ、さらには楽しく仕事をすることもできました。
私にとって初めてで一番大変だった夏合宿では、連日、朝から夕方までハードに練習する毎日でみんな2、3日過ぎて来ると疲れた表情をみせていた1年生とは大きく違い、疲れていて体も痛めたりしているはずなのに、一切みんなの前では疲れた表情をみせたりすることなく、誰よりも声を出し、チームを盛り上げ、一生懸命頑張っている3年生の姿を見たとき3年生の凄さをものすごく感じました。
私もそんなかっこいい姿を後輩に見せられる先輩になれるように残りの時間頑張りたいと思います。
今まで本当にありがとうございました。
大学に行っても全力で頑張ってください。
最後のジャージ渡し。赤のジャージに歴史を刻もう。
3年生のみなさん、ありがとうございました!
からの、いつものこれ。笑 「よしたか」痛そう。笑
「あやな」さん お疲れさまでした!

CONTACT

帝京八王子高校ラグビー部HPへようこそ!
このHPでは活動予定、試合結果、チーム紹介などを載せております。

逃げるな、サボるな、戦え。
日々練習に励むひたむきな選手たちに多くのご声援をお願いします。


※このサイトはラグビー部父母会による運営サイトです。
学校公式ではありませんのでご了承ください。

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
PAGE TOP